Overview: Atmospheric Chemistry,  Atmosphere-Biosphere Interactions

大気化学・大気-生物圏相互作用

寒冷圏海洋表層・陸域植生を起源とする大気有機エアロゾルを介した     大気‐生物圏の様々な生物地球化学的な相互作用の解明に関連する研究テーマに取り組んでいます。新たな大気有機エアロゾルの測定・化学分析手法も確立しながら、大気エアロゾルの観点からバルク・分子レベルでの炭素・窒素等の生物地球化学的物質循環や気候変動へ与える影響の理解を目指します。

Atmospheric aerosols play a key role in the Earth’s atmosphere, affecting the formation of clouds, the amount of trace gas species, and the radiative balance. We are focusing on biogeochemical interactions between atmosphere and biosphere (oceans and terrestrial vegetation) via different types of atmospheric aerosols and how they affect atmospheric processes and climate. Combining field and laboratory works, we aim to address main open questions, such as the climate and biogeochemical effects of aerosols both at bulk and molecular levels.

 

 

大学院生を募集しています / Join us

北海道大学大学院環境科学院の入学試験の時期、内容、出願方法等に  ついては、下記の入試案内のウェブサイトをご覧下さい。

 

北海道大学大学院環境科学院入試案内

Graduate School of Environmental Science, Hokkaido University

宮﨑は地球圏科学専攻の生物地球化学コースを担当しています。

地球圏科学専攻/ 生物地球化学コース

Biogeochemistry Course / Division of Earth System Science